12月の活動報告『忘年会週間』

  • HOME
  • ふれあいスタッフブログ

花嵐(在宅)・包括一覧

12月の活動報告『忘年会週間』

デイサービスセンター花嵐の活動紹介です\(^o^)/

今回は、毎年恒例で行っている忘年会活動の模様をご案内いたします!!

花嵐では毎年、12月の1週間を“忘年会週間”として、通常のデイサービス活動の中で様々なボランティアの方とご利用者とともに楽しい“ひととき”をお過ごししております。また、昼食は、日頃のバイキングのお食事を少し変え、皆さんでお鍋を囲んでおります。

今年の忘年会週間は、12/17(水)~12/23(火)で行いました。

“デイサービスをご利用していただく全ての方にご参加していただきたい”“皆さんと楽しい“ひととき”をご一緒したい!!”こういった想いで1週間の活動としております\(^o^)/

ちなみに、今年のお鍋は日替わりで、“寄せなべ”“塩麹なべ”“みぞれ鍋”“水炊きなべ” “すき焼きなべ”“石狩なべ”“うどんなべ”となっております。美味しいお鍋に、心も体もポッカポカ!!

また皆さんとご一緒するレクリエーションの時間には、今年もたくさんのボランティアの方、ご利用者の皆様へご参加をしていただき、“楽器演奏会”“歌謡ショー”“フラダンスショー”“かくし芸”“寸劇”“大カラオケ大会”などなど…\(^o^)/ 

ご利用者様の笑顔がたくさんあった忘年会でした。

<2013年12月17日~23日>

第7回「やた はな組」を開催しました。

「やた はな組」は、矢田圏域で働いておられるケアマネさんたちの勉強会です。

今回は、地域ケア会議で話し合ったケースについて、インシデントプロセス法を用いて、事例を通して地域支援について検討を行ないました。

詳細は、やた はな組  (←クリックするとPDFファイルが開きます)をご覧ください。

 
*「インシデントプロセス法」とは*
マサチューセッツ大学 ポール・ビコーズ教授が考案した特別支援学校などの教育現場で使われている事例検討会の方法の一つである。参加者が事例提供者に質問することによって問題の概要を明らかにしていく手法であり、参加者のアセスメント力・的確な質問力を養うことができる。

 <2013年11月19日>

矢田北食事会に行ってきました!

矢田北(照ケ丘矢田)のふれあい食事会サービスは、第2・4の木曜日に行なわれています。

11月の第4木曜日にデイサービスセンター花嵐の職員と参加し、食事の後に座ってできる軽い体操を一緒に行ないました。

詳細は、矢田北食事会  (←クリックするとPDFファイルが開きます)をご覧ください。

<2013年11月28日>

新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、いろいろとお世話になり心より感謝申し上げます。

2014年も、法人の様々な取り組みやサービス内容を発信していきたいと思っております。

まだまだいたらぬこともあるかと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。

 

2014年1月   法人職員一同

久しぶりに電車に乗って・・・

ご利用者の方が、「旅行へ行きたい」といつも言っていました♫
そこで、日本一高いビルになったハルカスへ・・・!
12年ぶりに近鉄電車に乗ってお食事してきました!
あまりの感激で涙され・・・介護員の疲れも何処へやら・・・❤

また、行きましょうね。

<2013年11月19日>

日帰り旅行で海遊館へ行って来ました。

普段、外出の機会が少ないご利用者様、車イスをご利用されているご利用者様など、当法人を日々が利用いただいている方が楽しんで頂ける企画を考え、不定期ですが“日帰り旅行”を企画しています。

今回は、“海遊館”へ行きました。

朝から生憎の雨模様でしたが、屋内での企画ですので開催することにしました。

施設の車を使って、お昼前には海遊館へ到着すると、人の多さに皆さん驚かれていました。

昼食は、洋食と和食に別れ、“洋食はハンバーグやコロッケ”、“和食はうなぎや天ぷら”というメニューです。皆さん「美味しい」「全部頂いたよ」と喜んでくださいました。

海遊館に入館後は、自由行動にしていましたので、水槽をゆっくりと見て回り「大きいな~」と感心されている方や、お土産などの買い物、観覧車に乗ったりと海遊館周辺を楽しんでおられました。

    

 心配していた雨も上がり、最後に集合写真を撮って帰って来ました。

<2013年10月21日>

 

“高齢デイ敬老会週間”を開催しました!

9月18日(水)~9月24日(火)まで、毎年恒例の“高齢デイ敬老会週間”を行いました。曜日ごとに職員で劇、歌自慢のご利用者様によるカラオケ大会、ボランティアグループによるマジックやハーモニカ、フラダンスの素晴らしいステージ、矢田小いきいきの子ども達との歌や折り紙を通じての交流など、趣向を凝らした内容でとても盛り上がっていました!!

      

また、食事メニューもいつもと違う“お祝”をイメージした内容を考えていただき、普段よりも豪華な昼食を準備していただきました。ちなみに、写真はお刺身の船盛です。

そして、敬老のお祝いとしてご利用者様にお一人おひとりに紅白饅頭をお渡ししました。また、今年は喜寿の方3名、米寿の方4名のご利用者様に一人ひとり、その方に合う祝い品を職員が考え、お渡しさせていただきました。

皆さんの心からの“笑顔”が見られた一週間でした \(*^0^*)/

<2013年9月18日~24日>

矢田東地域連合町会防災訓練

矢田中学校で行われた「矢田東地域連合町会 防災訓練」に参加させていただきました。この地域では年に2回、このような訓練が開催されています。先日の台風で避難勧告が発令されたこともあり、幅広い世代の町会加入者が300名近く参加されていました。訓練に参加していると、普段からお世話になっている方からたくさんの声を掛けていただきました。

ある参加者からは、「子どもがこの中学校に来ていたが、自分は入ったことがなく、内部の様子をよく知らなかった」と言っておられました。

今回の訓練の目的はそこにもあるようで、矢田東地域の収容避難場所で訓練をすることで、実際に場所を知ることができ、いざというときに避難しやすくなるのではとの想いも込められていたようです。私たちも災害に備えて、どのような協力ができるか検討していきたいと改めて考える機会になりました。

矢田東地域の皆様、貴重な金連に参加させていただき、本当にありがとうございました。

矢田中学校防災訓練に参加

矢田中学校、東住吉消防署、区役所未来戦略課、地域防災リーダーによる矢田中学校防災訓練に参加しました。

7/13(3年生対象)、9/14(2年生対象)、9/21(3年生対象)の合計3回で構成され、中学生も災害時に人命救助が行える事を目的に、地域とともに実施されました。その背景には、町会の加入者の減少と若い人は日中仕事で地域にいないことで、災害時の人手が足りないという予想もあるようです。

訓練の内容は、津波について知ることができる映像をみる、心肺蘇生訓練、ケガ人搬送の訓練、消化訓練で構成されており、中学生の皆さんは真剣に取り組んでおられました。3回目は、地域の防災リーダーも参加され、ともに訓練を受けられまました。

未来戦略課によると、地域の防災に役立つように中学生や高校生に防災訓練を実施しているのは市内で2箇所目で、今後このような地域と学校が共同で行う防災訓練を増やしていく方針とのことです。

今回の訓練は地震を想定していましたが、前回の台風のような自然災害もあるので、とても大切なことと感じました。矢田包括も機能を活かし、地域の防災にどのような協力ができるかを検討していきたいと思っています。

<2013年7月13日、9月14日・21日>

9月のガイドヘルパーは…

今月も楽しいお出かけ(*^_^*)に行ってきました。写真は、たくさん撮影したうちの一部です。笑顔いっぱいのご利用者様です。

<2013年9月23日>

『ヘルパーと一緒に新幹線に乗る』といった経験を作る為に、日帰りで岡山までレッツゴー!!!新幹線はお気に入りのようで、終始落ち着いてスムーズに移動することができたと思います。次回の本番(名古屋行き)も是非よろしくお願いします。

<2013年9月20日>

月に一度の調理体験。初めてのだし巻き卵に悪戦苦闘していましたが、調理の間に洗い物をするという新技も…。これからも少しずつできることを増やしていきましょうね\(^0^)/

<2013年9月19日>