矢田地域包括支援センターの取り組みです。(食事会)

  • HOME
  • ふれあいスタッフブログ

花嵐(在宅)・包括一覧

矢田地域包括支援センターの取り組みです。(食事会)

 

14年3月27日矢田北食事会報告(包括)140812 ←左のサイトをクリック下さい

14年7月24日矢田北食事会報告(包括)140910 ←左のサイトをクリック下さい

≪2014年3月27日・7月24日 矢田地域包括支援センター (高齢在宅部門)≫

外出先で“カンパ~イ!”

時にはノンアルコールビールで“カンパ~イ!”

美味しいお肉とビールという取り合わせ・・・。

 この雰囲気に気分は、よっちゃいそうです(笑)!

≪2014年7月23日 ヘルパーステーション花嵐・障がい在宅部門≫

ヘルパーとの外出で夏休みをエンジョイ?!

いつもたくさんの所に出かけていますが、楽しんでもらえてるかな?!?!

これからの夏休みをエンジョイできるように、私たちもできるだけ協力させてもらいますっ!

≪2014年6月21日・7月19日 ヘルパーステーション花嵐・障がい在宅部門≫

矢田地域包括支援センターの取り組みです。

今年2月より、「ホワイトボードケース会議」と題して、地域のケアマネジャーの皆様と共に学んでまいりました。

まず、2月に基本的なことについて学び、6月・7月・8月と3回連続研修でより深く学びました。

まずはその内2月の報告をさせて頂きます。

続きはまた後ほど・・・お楽しみに!!

14年2月14日 第8回(包括)140812   ←左のアドレスをクリックして下さい。

≪2014年2月14日 矢田地域包括支援センター (高齢在宅部門)≫

 

矢田東盆踊りフェスティバルに参加しました!

矢田東盆踊りフェスティバルに矢田地域包括支援センターもお店をだしました。

当日は、雨降りというあいにくの天気でしたが、たくさんの方が来られて賑わっていました!

詳細は、下記のPDFを参照してください。

矢田東盆踊り報告2  ← 左のアドレスをクリックしてください。

≪2014年8月2日 矢田地域包括支援センター(高齢在宅部門)≫

小中学生との交流イベントに参加してきました

矢田7校が主催する障がいのある仲間とともに歩む「矢田若者のつどい」にご利用者と参加してきました。

生徒の方が、交流できるようにと様々なゲームを提供してくれて、ご利用者共々楽しく過ごすことができました。

○×クイズでは、正解するとハイタッチして喜びを分かち合っていました。地域連携室の職員としても、生徒たちが取り組んでいる活動をみて、初心にかえるような気持ちになりました。

まだまだ、負けられません。

子どもに負けずに大人としての“やる気”をみせていきたいと思います。

大人のみなさんも共に頑張りましょう!!

<2014年2月16日>

地域のぜんざいパーティに参加してきました。

年末にご一緒についたお餅で、今日はぜんざいを呼ばれてきました。

暖かい日差しの中で、地域の方の手作りのほどよく甘いぜんざいにとってもホットするひとときでした。

その中で、「昔はもち米もなかったのでメリケン粉をいれて食べたな~」と昔を思い出しながら「硬すぎやな~・火が通りにくいな~」など言いながら作っていました。

職員が「メリケン粉って何?」と聞くと「あんたどこの子や~」と厳しいツッコミもあり楽しい時間でした。

どうもありがとうございました。

「ごちそうさん!!」 *朝ドラにちなんで・・(笑)

<2014年1月17日>

矢田小中一貫校5年生との交流活動

高齢者デイサービスセンターでは、毎年、近隣にある矢田小学校の5年生の方と交流活動を行っています。今回は、“将棋・オセロ”“塗り絵”“手工芸”“ボウリングゲーム”“黒ひげゲーム”“グラグラゲーム”“けん玉”などなど、37名の児童の方とご利用者の皆様が各グループに分かれて各々好みのレクリエーション活動へ参加をしていただきました。

その後、児童の方がウェイターやウエイトレスに扮しての喫茶活動をご一緒し、最後は児童の方による“歌とリコーダー演奏”のサプライズなプレゼントもいただきました!!

楽しく笑顔があふれる大切なお時間を創っていただき、児童の方や先生へ感謝です!!ホントにありがとうございました!!

こういった機会は、児童の方と施設ご利用者様、職員との大切な社会交流となっています。相互のふれあいを通して、お互いへの理解や関心を持ち合って、また、思いやりと優しさの心を育んでいく。

子どもは元気で可愛いと、ご高齢者の方は毎年、児童の方との交流を楽しみにしています。施設や在宅生活の中で大切な社会交流を通して、自立した生活への励みへもつなげたいものです。

<2014年1月17日>

12月の活動報告『忘年会週間』

デイサービスセンター花嵐の活動紹介です\(^o^)/

今回は、毎年恒例で行っている忘年会活動の模様をご案内いたします!!

花嵐では毎年、12月の1週間を“忘年会週間”として、通常のデイサービス活動の中で様々なボランティアの方とご利用者とともに楽しい“ひととき”をお過ごししております。また、昼食は、日頃のバイキングのお食事を少し変え、皆さんでお鍋を囲んでおります。

今年の忘年会週間は、12/17(水)~12/23(火)で行いました。

“デイサービスをご利用していただく全ての方にご参加していただきたい”“皆さんと楽しい“ひととき”をご一緒したい!!”こういった想いで1週間の活動としております\(^o^)/

ちなみに、今年のお鍋は日替わりで、“寄せなべ”“塩麹なべ”“みぞれ鍋”“水炊きなべ” “すき焼きなべ”“石狩なべ”“うどんなべ”となっております。美味しいお鍋に、心も体もポッカポカ!!

また皆さんとご一緒するレクリエーションの時間には、今年もたくさんのボランティアの方、ご利用者の皆様へご参加をしていただき、“楽器演奏会”“歌謡ショー”“フラダンスショー”“かくし芸”“寸劇”“大カラオケ大会”などなど…\(^o^)/ 

ご利用者様の笑顔がたくさんあった忘年会でした。

<2013年12月17日~23日>

第7回「やた はな組」を開催しました。

「やた はな組」は、矢田圏域で働いておられるケアマネさんたちの勉強会です。

今回は、地域ケア会議で話し合ったケースについて、インシデントプロセス法を用いて、事例を通して地域支援について検討を行ないました。

詳細は、やた はな組  (←クリックするとPDFファイルが開きます)をご覧ください。

 
*「インシデントプロセス法」とは*
マサチューセッツ大学 ポール・ビコーズ教授が考案した特別支援学校などの教育現場で使われている事例検討会の方法の一つである。参加者が事例提供者に質問することによって問題の概要を明らかにしていく手法であり、参加者のアセスメント力・的確な質問力を養うことができる。

 <2013年11月19日>