新年のごあいさつ

  • HOME
  • ふれあい共生会からのお知らせ

ふれあい共生会からのお知らせ一覧

新年のごあいさつ

誰もが安心して暮らせる地域を目指して

 

社会福祉法人ふれあい共生会 理事

矢田地域包括支援センター センター長 時岡誠吾

 

新年明けましておめでとうございます。

矢田地域包括支援センターは、大阪市の委託を受けて、おおむね65歳以上の皆様が、住み慣れた地域で安心してその人らしい生活を続けられるよう支援する窓口であり、この4月に開設10年を迎えます。

 

これまで、数々の相談対応をしてまいりましたが、誰もが安心して暮らせる地域をつくるためには、すべての方を対象とした支援体制が必要であると感じています。

当法人は、高齢サービス、障がいサービスの提供を通じ、誰もが安心して暮らせる地域を目指して職員一同「ワンチーム」で取り組む所存でございますので、本年もよろしくお願いいたします。

 

<<2020年1月6日 社会福祉法人ふれあい共生会>>

花未来プラザのご紹介

社会福祉法人ふれあい共生会は、新拠点を矢田地域に建設いたします。

 

【花(はな)未来(みらい)プラザ】

法人の創設当初、特別養護老人ホーム花嵐が事業の始まりでした。

※花も嵐も 踏み越えて 行くが男の 生きる道…

『旅の夜風』から名前を付けたと聞いています。

そのことを意識しながら、これまで、新規の事業をする中で、

花の名前、花言葉を意識してきたという経過があります。

障がいの事業運営を始めた時も、「もくれん」という花の名前を付けています。

また、代表者が「花」「未来」「喜」「夢」の文字を使い、

前向きで、言いやすい、覚えやすい名前にしたかったという強い思いがありました。

「花」は「草木の花」の総称を意味します。

咲いた花が綺麗であることから「はなやかなもの、美しいもののたとえ」としても

使われます。もともとある「華」という文字の俗字として「花」ができました。

華から「くさかんむり」をそのまま受け継ぎ「変化する」という意味をもつ「化」を

加えてできたのが「花」です。

「変化する」という意味も、これからの時代に合わせて柔軟に取り組んでいくため

には必要な要素であると考えています。

「未来」は現在の後にくる時。将来。の意。

はなやかで、美しく、明るい将来を、これから先いつまでも続けていきたいという

意味を込めて、この名前にしました。

プラザは「公共の広場」の意味。 公共性の高い活動を行い、

不特定多数の他人に、結果として広く利益をもたらすような状況を作り出そう。

公共への貢献をしていこう。という意欲をもって、「ビル」「センター」ではなく

プラザにしました。

 

地域活動の拠点としての活用と、福祉サービスの提供を予定しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

インフルエンザ流行に伴う面会制限のお知らせ

現在、大阪府下ではインフルエンザの流行状況が、注意報レベルに達しております。

特別養護老人ホーム花嵐におきましては、2019年12月21日(土)より

感染予防のため、中学生以下の方のご面会をご遠慮いただく事となりました。

インフルエンザの流行状況が警報レベルになる前に、管理医師の判断でご家族・

ご関係者の皆様にも、ご面会をご遠慮いただくようになるかもしれません。

ご面会に関してご報告、変更がございましたら、ご連絡いたします。

 

ご家族・ご関係者の皆様には、大変ご迷惑ご心配をお掛けいたしますが、ご協力と

ご理解のほど何卒よろしくお願い申しあげます。

【感染予防のお願い】

・ご面会される方は、手指消毒・マスクの着用・体温測定のご協力を必ずお願い

します。

発熱、咳、鼻水、下痢、嘔吐等の症状がある方、ご親族等にインフルエンザを

   発症された方がいらっしゃる場合は、面会をご遠慮ください。

 

特別養護老人ホーム花嵐 施設長

居宅介護支援事業所「ケアプランセンター花嵐」について

居宅介護支援事業所「ケアプランセンター花嵐」についてお知らせがあります。

詳細は下記をクリックください。

ケアプランセンター花嵐について

第16回ふれあい夏祭り

2019年8月3日(土)16時~20時

今年も「ふれあい夏祭り」を開催します。

皆さんお誘いあわせの上ご来場ください。


準備風景です‼

 

 

 

 


 

≪ 第16回ふれあい夏祭り ≫

地鎮祭をとりおこないました

6月27日にふれあい共生会土地活用プロジェクトで地鎮祭をとりおこないました。

2020年春の開業を目指して工事に取り掛かります。
近隣の皆様におかれましてはご迷惑をおかけいたしますが
ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<<2019年7月19日 法人本部事務局>>

もくれん就労formマスタード(生活介護(生産活動型))のお知らせ

在宅サービスステーションもくれんの事業で、新たな生活介護ができました。

マスタードの生活介護では、製作販売・作業・ポスター掲示などいろいろなしごとに取り組んでいます。

また、しごとだけではなく、課外活動、地域散策、ゲーム、園芸など楽しむ時間も大切にしています。(1日の活動予定も一緒に考えます)

 

2018年10月から始まったばかりですが、利用者さんと一緒にやりたい活動を実現できればと思っています。

 

興味のある方は、気軽にご連絡ください。

 

TEL          :06-6706-8600(月~金 9:00~17:30)

HPお問い合わせ:http://www.karan.or.jp/contact/

E-mail            :mustard@karan.or.jp            担当:家坂・小野

面会時のお願い(食べ物の持ち込みについて)

いつもご面会ありがとうございます。

面会時の食べ物のお持ち込みについては、別紙のとおりご協力をお願い致します。

面会時のお願い詳細文(飲食物の持ち込みについて)

放課後等デイサービスの自己評価及び保護者からの事業所評価結果の公表について

リンク先のファイルにて、標題の結果を公表いたします。

事業所名 在宅サービスステーションもくれん もくれん ジェニー

添付資料10 放課後等デイサービス事業所における自己評価結果(公表)

添付資料11 保護者等からの放課後等デイサービス事業所評価の集計結果(公表)

 

事業所名 在宅サービスステーションもくれん もくれん ジェニー2(too)

2018年度_放課後等デイサービス事業所における自己評価結果(公表)

2018年度_保護者等からの放課後等デイサービス事業所評価の集計結果(公表)

中学生以下の面会再開のお知らせ

インフルエンザ流行時季の為、2019年2月4日(月)の「面会禁止」解除後も、中学生以下の面会をご遠慮して頂いておりましたが、国内でのインフルエンザ流行も終息してまいりましたので、2019年3月1日(金)より中学生以下のご家族・ご関係者の方にもご面会して頂けるようになりました。

ご協力ありがとうございました。

なお、国内では、風邪やはしか・ノロウィルス等の感染症が流行しております。

感染予防にご理解・ご協力をお願い致します。

【感染予防のお願い】

・面会される方は、手指消毒・マスクの着用を必ずお願いします。

・発熱、咳、鼻水、下痢、嘔吐等の症状がある方、ご親族等にインフルエンザを発症された方がいらっしゃる場合は、面会をご遠慮ください。

 

特別養護老人ホーム花嵐 施設長

1 / 812345...最後 »